健康な歯を保つ

患者の口をみる歯科医

歯医者さんに行く時というのは、虫歯になった時、知覚過敏、親知らずを抜く時、歯石を取ってもらいたい時、ホワイトニングをしてもらいたい時、マウスピースを作ってもらう時、定期検診したい時などがあるでしょう。 虫歯は甘い物が原因とよく言われているのです。 甘いお菓子に含まれている糖分は、口の中で酸となって歯の表面を溶かしてしまうのです。 食べ物のカスを長時間口の中に残しておくことも虫歯の原因になるでしょう。 なので食べたらすぐに歯を磨くことを心がけて、常に口の中を清潔に保つようにしましょう。唾液には口の中の酸性度を下げてくれる役割をもっているのです。 食べ物を食べる時はよく噛んで唾液をたくさん分泌することが大事です。

良い歯医者さんを選ぶには、電話予約した時の対応を見るのが必要でしょう。 スタッフの対応には院長先生の性格や経営方針が反映されているのです。 電話対応で歯医者の雰囲気や情報を得ることもできるのです。 最近は土日も営業している歯医者が増えてきているのです。 患者からしたらいつでも行けて安心な気持ちがありますが、土日は基本セミナーや勉強会があるものです。 土日も営業しているということは、勉強会やセミナーに参加できていないということで、最新の情報から取り残されている場合があるからです。 しかし歯医者によっては院長先生は土日勉強会に行き別の先生に任せているというパターンもあるのです。 治療をするにあたって、何故こうなったかなどの説明をしっかり行ってくれる歯医者がいいでしょう。